青汁のおかげで血液をさらさらにすることができました。

青汁のおかげで血液をさらさらにすることができました。

青汁には血液をさらさらにする力があります。このことはとても重要です。なぜかというと血液をさらさらにすることは、最近の健康問題の大きなキーワードになっているからです。血液がさらさらではなく、逆にドロドロになってしまう人がたくさんいます。この原因の一つに、昔との食生活の違いがあります。肉中心の食生活になってしまったため、血液がドロドロになります。肉や料理も手軽です。魚のようにさばいたり骨を取り除く必要もありません。そのため家庭で料理をする時も、どうしても手間をかけたくないため、肉をたくさん使ってしまいます。また、ダイエットのために炭水化物を抜いた結果、お肉ばかり食べる形になってしまい、このことが血液をドロドロにしてしまうという事例も発見されています。

 

私も血液がさらさらにならずに大変な思いをしてきました。私の場合は、脂っこい料理が大好物なのです。お肉も毎日のように、国が定めた1日の目安の量の軽く3倍以上も食べています。背脂がたっぷり入ったラーメンも大好きです。背脂がたっぷり入ったラーメンがあまりにも大好き過ぎるため、背脂がたっぷり入ったラーメンを食べることがルーチンワークになってしまっています。

 

こういった脂っこいものが大好きな性質はなかなか変わらなかったのですが、青汁のおかげで血液はさらさらになりました。血液がドロドロになってしまう大きな原因は、野菜不足にあります。本来野菜をたくさん食べていれば、野菜に含まれる食物繊維が糖分や脂質などといったものを体外になるべくたくさん取り除いてくれるのですが、野菜不足であるとそうはいきません。そこで青汁の出番です。青汁には普通の野菜以上の豊富な食物繊維が含まれているため、血液をさらさらにしてくれるのです。

 

私は青汁をシリアルに加えて食べました。シリアルの単調な味に一つのアクセントが加わるため、味も美味しくなったと私は感じました。私はケーキやパンを自分で作ることが趣味なのですが、自分で作るパウンドケーキやベーグルの中にも青汁を混ぜました。豆乳と青汁を混ぜて飲むだけでも、今まであまり味わったことのない新しい味を楽しむこともできました。

 

色々なレシピも活用しましたが、青汁をたくさん摂取することによって、血液がさらさらになり、疲れを感じにくくなりました。体全身に血がスムーズに流れるようになったからです。疲労の原因になる老廃物も取り除かれます。青汁には本当に助けられました。