意外と知らない青汁の種類と効能。

疲労回復に効果があるとされる青汁

青汁は疲労回復にたいへん効果のあるものとして、現在では多岐にわたる方面において注目を集めつつあります。近頃は慢性的に疲労を蓄積している人が多く存在しているとみられているため、このような特徴のある青汁は大きくクローズアップされているのではないでしょうか。

疲労の根源となる要因は複数存在しているとみられていますが、どのような原因の疲労にも回復効果があるのではないかと推測されています。ストレスや睡眠不足などが主因に挙げられているものの、疲労に繋がる物質を青汁が体外に押し出す作用があるため、こうした認識が広がりを見せているのではないかと思います。

 

疲労回復を促す主な栄養素としては、青汁に多分に含有されているビタミンが挙げられるのではないでしょうか。複数の種類のビタミンが含まれていますが、特にビタミンCが疲労の回復を促しているとされています。抗酸化作用が存在しており、体内の細胞の劣化を送らせることが実証されています。この抗酸化作用によって疲労の要因となるものが体内に排出されることが実践されており、青汁が評価される要因となっています。ビタミンCは数多くの野菜に含まれているため、効果的な疲労回復が見込めるのではないかと思います。

 

また、ビタミンCと共にビタミンB1も疲労回復に効果のある栄養素となっています。青汁には高い割合で含有されており、ビタミンCと一緒に効果を発揮しています。ビタミンB1は肉体的な疲労を直接回復させる作用を有しており、筋肉や神経などの疲れを取り除くとされています。青汁を継続的に飲み続けることで体力の回復が早くなる例が多く見受けられていますが、このようなビタミンB1の肉体疲労の回復の作用が関与していると言えるのではないでしょうか。

 

これらのビタミンCとビタミンB1が青汁における疲労回復の役割を大きく担う栄養素となっています。そのため、長い期間にわたって疲労が蓄積している人たちにとっては、青汁を日常生活に取り入れていくことが望ましいと考えられるようになり始めています。蓄積された疲労を回復させることだけではなく、都度肉体的な疲れを取り除くことが自然とできるようにもなるため、こうした作用は注目されています。今後は慢性的に疲労を抱えている人を中心として、積極的に青汁が取り入れられていくものと推測されています。そのため、多岐にわたる方面からの青汁への関心が寄せられるようになっていくのではないでしょうか。
出典・野菜不足なあなたのための青汁入門

青汁をほぼ毎日家族と飲んでいます。
青汁は家族のイメージでは、
苦いとか不味いとか鶯のフンみたいな色で不味そう
とか、
かなりイメージが悪かったです。

 

ある日、疲れ、目眩、頭痛、肩こり、野菜不足の時期がありました。
どの病院へ行っても、なんとも無いですよ、
異常無しですよと言われました。

 

健康を維持するにはと考え、
野菜ジュースを飲んだり、ランニングしたり、散歩したり、しましたが、
全く長続きしませんでした。
体には良い事なのですが手軽にという部分では全く長続きしませんでした。
なにをどうしたら健康が維持されるのか、考えに考え頭を悩ませました。
夏だと、中々運動にも行けず、ランニングも夏の暑さに負け続かず、
散歩は暑過ぎて汗をダラダラかくだけで、全く継続しませんでした。

 

手軽に、何か健康に良い事をと考えに考え頭を悩ませてました。
野菜も沢山食べてみました。
野菜は沢山食べる努力もしましたが、量を多く食べなければならないので、
中々続きませんでした。
空腹時は、野菜を大量に食べれましたが、全くお腹が空かない時は野菜も少くなくしか
食べれませんでした。
何が健康に良いのだろう?
悩みに悩みました。

 

お医者さんへ行っても、運動不足、体重を落としましょう、野菜を食べましょう
と言われるだけで、
どんな対処法をしたら良いのか具体的には教えてはくれませんでした。
なにをどうしたら良いのだろう。
なにをどう改善すれば健康が維持されるのだろうか?
試しにスポーツジムも通って見ましたが、
確かに健康は維持されますが、お金がかかます。

 

スイミングしたり、ランニングしたり健康維持は大事ですが、
年金暮らしをしているのが私の祖母ですが、
祖母はスポーツジム行くのは勿体無いと思い、スポーツジムを辞めてしまいました。
健康を維持するにはどうしたら良いのでしょうか?
本当に、悩みに悩んでました。

 

そんな時に、祖母が近所の方から「私、青汁を飲んでるのよ」と言われました。
祖母は最初青汁って、不味い、苦い、美味しくないというイメージが強く警戒してました。
私の父なんて、青汁を鶯のフンみたいで不味そうと言った位、
かなり青汁は評判が悪かったです。
近所の人が飲んでるからという口コミにつれられ、祖母と私は青汁を飲んでみました。

 

最近の青汁は苦味が軽減されてる点、
苦味が軽減されてるので不味くは感じない点、
鶯のフンみたいな臭いも全く無く、無味無臭だった点、
手軽に続けられそうな点、
野菜不足が改善される点、
安価な点、
が良い点だと思い、飲み続けてます。
青汁に警戒心がかなり強い家族でしたが、今では生活に欠かせない飲み物です。
美味しい青汁

続きを読む≫ 2015/08/09 18:17:09

青汁には血液をさらさらにする力があります。このことはとても重要です。なぜかというと血液をさらさらにすることは、最近の健康問題の大きなキーワードになっているからです。血液がさらさらではなく、逆にドロドロになってしまう人がたくさんいます。この原因の一つに、昔との食生活の違いがあります。肉中心の食生活になってしまったため、血液がドロドロになります。肉や料理も手軽です。魚のようにさばいたり骨を取り除く必要もありません。そのため家庭で料理をする時も、どうしても手間をかけたくないため、肉をたくさん使ってしまいます。また、ダイエットのために炭水化物を抜いた結果、お肉ばかり食べる形になってしまい、このことが血液をドロドロにしてしまうという事例も発見されています。

 

私も血液がさらさらにならずに大変な思いをしてきました。私の場合は、脂っこい料理が大好物なのです。お肉も毎日のように、国が定めた1日の目安の量の軽く3倍以上も食べています。背脂がたっぷり入ったラーメンも大好きです。背脂がたっぷり入ったラーメンがあまりにも大好き過ぎるため、背脂がたっぷり入ったラーメンを食べることがルーチンワークになってしまっています。

 

こういった脂っこいものが大好きな性質はなかなか変わらなかったのですが、青汁のおかげで血液はさらさらになりました。血液がドロドロになってしまう大きな原因は、野菜不足にあります。本来野菜をたくさん食べていれば、野菜に含まれる食物繊維が糖分や脂質などといったものを体外になるべくたくさん取り除いてくれるのですが、野菜不足であるとそうはいきません。そこで青汁の出番です。青汁には普通の野菜以上の豊富な食物繊維が含まれているため、血液をさらさらにしてくれるのです。

 

私は青汁をシリアルに加えて食べました。シリアルの単調な味に一つのアクセントが加わるため、味も美味しくなったと私は感じました。私はケーキやパンを自分で作ることが趣味なのですが、自分で作るパウンドケーキやベーグルの中にも青汁を混ぜました。豆乳と青汁を混ぜて飲むだけでも、今まであまり味わったことのない新しい味を楽しむこともできました。

 

色々なレシピも活用しましたが、青汁をたくさん摂取することによって、血液がさらさらになり、疲れを感じにくくなりました。体全身に血がスムーズに流れるようになったからです。疲労の原因になる老廃物も取り除かれます。青汁には本当に助けられました。

続きを読む≫ 2015/06/30 00:43:30

青汁というと、その昔、八名信夫さんが「まずい、もう一杯」と言っていたCMを思い出しますが、私はあのイメージをそのまま引きずりながらこれまで生きてきました。というのも、私が就職して1年めの時の社員旅行の余興での罰ゲームが、青汁を飲むというものだったからでした。運悪く、私はゲームで負けてしまい、そのとき初めて青汁を飲みました。さすがに罰ゲームだけあって、本当にまずい青汁でびっくりしました。苦いし、青臭いし、とても飲めたものではありませんでした。

 

私は野菜嫌いというわけでもなく、ゴーヤなどの苦い野菜も好きな方でしたが、あれにはホトホト参りました。それ以来、青汁というものに拒否反応を示してきました。美容に気を遣っている友人に「ここの青汁は抹茶のような風味がして飲みやすいよ」と勧められても、頑なに断りました。また、私が便秘気味だと知った別の友人にも「便秘解消に効果があるから飲んでみたら?意外と飲めるよ」と勧められても断り続けました。

 

 しかし、私の青汁に対するイメージを覆す出来事が起こりました。息子の成長が遅いのが心配だったので、長らく成長に役立つサプリメントを飲ませていたのですが、そのサプリメントを製造販売している会社が、子ども向けの青汁を開発し販売することになり、サンプルを送ってきたのでした。以前の経験から私の中では青汁はまずいというイメージが強くて、いくら子ども向けで体によいからと言って子どもに飲ませるのはコクなように感じました。でも、そのとき、「もしかしたら子どもも飲めるように作ってあるのだから、おいしいのかもしれない」と思い直しました。そこで、子どもに飲ませる前に、まずは自分で飲んでみることにしました。実に15年ぶりに飲んだ青汁は、以前に飲んだものとは本当に比べ物にならないくらいおいしいものでした

 

正直なところ、青汁だという感覚がないまま飲めてしまいました。りんごの風味がして、フルーツミックスの野菜ジュースという感じでした。おいしいのは納得できましたが、なぜこんなにも味に差があるのか気になりました。そこで、調べてみたところ、なんと私が知っていた青汁がケールからできているのに、子ども向けの青汁は大麦若葉を主原料としていました。そもそもの主原料が違うのだから、味が違うはずだと納得できました。気になる栄養価もケールを原料とする青汁がカルシウムが多いのに対し、大麦若葉を主原料としている子ども向けの青汁は食物繊維やカロテンが豊富だということが分かりました。

 

 青汁と一口に言っても、味、栄養価共に商品によってずいぶん違うのだと思いました。放っておくと野菜を食べない我が子に、おいしいし、栄養価も高いのだから、大麦若葉を主原料とする青汁を飲ませてみてもよいかなと思いました。

続きを読む≫ 2015/05/30 02:05:30